BigBird の写真記

ほぼ週刊,飛行機撮影,ぬこさま観察そして稀に登山写真記


カーネルパニック

カーネルパニック (kernel panic) あまり聞いたことのない人の方が多いでしょうか。

知っている方であれば,イヤな響きに脂汗が流れるかもしれません。

私はApple社のパソコンを使用しています。

4月にノートPC(MacBook Pro 2011)が故障してしまい,

iMacに買い替えました(ノートPC→デスクトップPC)

そのiMacが先日からカーネルパニックなる症状,

使用中に突然電源が切れて再起動してしまう,という症状が出てしまいました。

増設したメモリが悪さしているのか?

それともハードウェアの不具合がでたのか?

OSが不安定になっているのか?

などなど,,,

予測できる範囲でいろいろ外してみたり,再インストールしてみたりしました。

しかしどうやら,先代のノートPCの時から利用していたTime Machineが悪かったようです。

Time MachineというのはMacOS用のバックアップソフトのことです。

ノートPCが壊れたときに残っていたバックアップファイルを,

新しいiMacで復元して,以前と同じ環境で使えるようにしました。

その時の環境をずっと利用していたのですが,それが悪かったようです。

特にParallels Desktop という仮想PCソフトがNGだったみたいです。

気づいていなかったのですが,Parallels Desktop の公式見解として,

Time Machine でのバックアップは不具合を起こす可能性が高いと。

できれば別の方法でバックアップしたほうが良いと記載されていました。

いやいや,macで使うソフトなのにTime Machineがダメってどうよ?

なんて突っ込みたいくらいの衝撃を受けました (-_-;)

そうはいっても取り組まなくちゃなので,全部クリーンインストールを覚悟しました。

結論から言うと,予想通りすべてクリーンインストールしたら快調になりました。

もう少し使ってみないとわからないかもしれませんが,

とりあえずカーネルパニックは起こらなくなりました。

この週末の二日間ほとんどコレに費やされてしまいましたが,

断捨離のチャンスと思ってがんばりました。

もし同じ現象に首を傾げている方がこのブログをご覧になりましたら,

おそらく同じ道をたどることになるのではないかと思います。

今回のクリーンインストール大会を振り返って,

・プロダクトキーはちゃんと管理しすぐに出せるようにしましょう

・各種パスワードはしっかりと管理しておきましょう

・メールクライアントや各種接続設定はきちんと残しておきましょう

Time Machineはとても便利で不具合のないうちは手の全くかからないイイ子なのですが,

だからといって放っておくととても慌てることになります。

長くなりましたが,備忘録も兼ねて顛末を簡単に記しました。


それではまた

_MG_0127_lr.jpg



関連記事
  1. 2017/06/18(日) 16:32:19|
  2. そら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<脱カーネルパニックへの道 | ホーム | ほぼ月刊>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbird201402.blog.fc2.com/tb.php/403-b42ea4fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BigBird

Author:BigBird
都内在住のサラリーマンです。
最近は登山と飛行機の撮影にハマってます。
羽田周辺に出没してます。

愛機
 Canon
  EOS-3
  EOS 5D MarkⅡ
  PowerShot S110
  EOS 7D MarkⅡ

レンズ
 Canon
  EF70-200 F2.8L IS Ⅱ
  EF24-70 F2.8L
  EF50 F1.8 Ⅱ
  EXTENDER EF2×Ⅱ
  EXT-TUBE EF25 Ⅱ

番外編
 Mamiya RZ67
 Mamiya Sekor Z110mm F2.8

横着モノなので,
ほぼJpeg撮って出しでしたが,
最近はDPP4を使って現像などしております。
が,しかし,,,いい加減。
スミマセン

お気に入り リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

そら (401)
やま (5)

カウンター

Total:
現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR